社会のレールから外れた人の就職活動

 言い方は悪いかもしれませんが、日本においては社会のレールから外れた人は、就職も難しくなる傾向があります。レールから外れるというのは、ニートやフリーター、そして高校中退や大学既卒者などです。全てではありませんが、やはり新卒を逃したり長いブランクがある人は、一般的には就職や再就職のハードルが上がるようです。

 

 しかし、だからと言って就職を諦めるのはよくありません。むしろ行動をすれば就職することは出来ます。しかし、やはり社会のレールから外れると選択肢も狭まるし、いろいろと条件はあります。それらを理解して行動できるならば、社会復帰は簡単だと思います。

 

 まず大切なのは、いかにして選択肢を増やすかです。ここでいう選択肢というのは、求人のことです。そこで大切なのは、あまり仕事を選び過ぎないことです。最低限これだけはしたくないという仕事を決めて、それ以外には挑戦していくことが大切です。

 

 それ以外に選択肢を増やすために大切なのは、給料に関しては目をつぶることです。多少給料は少なめでも、自分に合いそうな仕事やマッチしそうな仕事を探していけばよいと思います。やはり、給料にこだわりを持つと、一気に選択肢が狭まるのでこれだけは注意するべきです。

 

【参考サイト】
既卒におすすめの就職サイト
就職できるか不安な既卒の方に知ってほしい情報満載!

 

 そして、もう一つ大切なことは、たくさんの会社の採用試験を受けることです。先ほども挙げたように、これだけはしたくないという仕事の求人以外なら、どんどんチャレンジしていける心意気が大切です。そして、まだ就職活動の準備が出来ていない人は、ハローワークや若者仕事サポートセンターなどで、セミナーなどを受けてから、就職活動にチャレンジするべきです。