転職支援サービス会社が人気

 先日のニュースで取り上げられていましたが、今転職支援サービス会社に人気があるそうです。なぜなら来年度から、国は転職支援に重点を置き、雇用調整助成金を減らすという方針を取り始めました。若者の就職が厳しい時代なのに、転職支援に重点を置いてしまうと、長く勤めようと思って入社した人にとっては、不利に成り兼ねません。これでは学生達はこれから就職とどう向き合って行けば良いのか、悩みが増えるばかりです。バブル期に就職した人で早期退職で辞職を強いられ、転職先がなかなか見つからないという事実も印象に残りました。自分も退職を迫られた経験が何度かあり、この問題は本人にとってどれほど切実か、良く解ります。

 

 活躍できる新しい職場がすぐに見つけられれば、問題はありませんが、見つけられない人とっては苦境が強いられます。10年も20年も培ってきた技術を捨てて、新しい事に取り組むのは大変な勇気が入る事ですし、企業側も採用を渋る可能性が高いと思います。今までの転職活動の経験からしても、経験があって即戦力になる人材を求めている会社が多いと感じました。この苦境をどう乗り越えるかは本人次第ですが、転職支援サービスに登録すると、能力の分析をしてもらえて、自信回復にも?がり、仕事が見つかりやすいでしょう。やりたい仕事が見つからない場合でも、どんどん応募して、自分の能力を面接で認めてもらう事が、転職の成功へと?がっていくのだなと感じました。